■損害保険投資とは?

[image]お金持ちの投資法、なぜ、日本の投資信託の現状、限定ビデオ完全無料公開中

損害保険で言われる災害と障害は、次のように定義されます。

災害とは、突発におきる事故。不慮の事故ともいいます。

事故には、自動車事故、あやまってショーウインドウを割る、歩行中に転倒する、割れたガラスで怪我をする、災害(火災、地震、水害など。)で、死亡もしくは障害を負うなどがあります。

障害は、不慮の事故による傷害を直接の原因として、その事故の日から起算して180日以内に所定の身体障害状態に該当された場合を言います。

障害を負うと、将来の保険料の払込みが免除されつつも、契約は有効に継続されます。

すなわち、傷害とは、傷害事故を指し、障害とは、傷害事故によって身体に起きた障害状態を指します。

漢字の音が一緒なので、紛らわしいですね。

こうした、生活の中に有り得るリスクへの対策のために、損害保険があるのです。

損害保険の名称は、火災保険、地震保険、自動車保険、傷害保険などと、リスクのある事象の違いによって、変わってきます。

さらに、損害保険は、生命保険会社と損害保険会社では、違いがあります。

生命保険会社の損害保険は、災害死亡保障のある保険商品にのみ該当し、積立保険から保険金が下ります。

生命保険に特約を付ける付けない。と言いますね。あれです。

特約の分、高くついたりします。

損害保険会社は積立傷害保険から保険金が下ります。

損害保険に加入するには、色んなやり方があります。保険代理店や保険会社の社員を通して加入するのが、一般的です。

そのほか、最近増えてきたのは、インターネットからの通信販売という、やり方ですね。

何でも、ネットで購入する時代。保険もそういうものが多いです。

損害保険の保険料の仕組みは、営業保険料=純保険料+付加保険料となっています。

純保険料とは、保険事故発生の際の保険金のこと。

付加保険料とは、事業費、利潤、新契約費、維持管理費、保険料徴収費(集金費)などの必要経費です。

このように、付加保険料は、保険事業を運営するためにかかる費用なのです。

それだけでなくて、付加保険料には、契約の募集広告費、保険料の集金、損害調査に必要な費用、営業利益も入れる場合もあります。

付加保険料の算出は、一般管理費、営業費、損害調査費、代理店手数料等の要素に分解して積算し、純保険料に対する一定割合として算出されます。

例えば、新契約費、維持費および集金費の3要素、などというようにです。

保険会社各社の独自の基準によって算出されているので、事情は違います。


151,603人以上の個人投資家がチェックした無料テクニカル動画セミナー

■損害保険投資の本来のメリットとは?

野川徹のオンライントレードスクール 無料“動画講座”会員受付中!

損害保険のメリットは、投資というより、リスクに対する備えになります。

例えば、住宅火災保険や住宅総合保険と銘打たれているモノに対して、メリットを挙げてみましょう。

住宅総合保険は、建物のみなのか?建物と家財なのか?で補償のカバーできる範囲が違います。

範囲が違えば、料金も違ってきます。

補償の範囲と状況によって保険金が下りたり下りなかったりします。

だから、家財まで補償をつけるのか?どんな種類の災害に補償されるのか?について、事前に確認しておかなければなりません。

見えにくい字で書いてありますが。

火災保険に入っておくメリットは、家の周りが火事になって、家に燃え移った場合です。

法律では、隣からは賠償はしてもらえないので、火災保険に入っておかないと、補償されません。

例えば、クセモノなのは、台風なんかの落雷・水濡れ。必ず、家財とセットで加入しないと、被害がカバーできないという事実。

建物が台風で損害を受けら、建物のみに加入していれば補償されます。

強風でトタンや看板なんかが飛んできた、自動車の衝突などでも補償されます。

なので、国道に面していたり、公園のボール遊びなどで、窓がやれれるところでは、加入しておいたほうがいいでしょう。

が、落雷でパソコン・テレビ・マイコンジャーなどの家電製品が壊れたとしたら、家財にも保険が掛ってないと補償されないのです。

最近の異常気象による落雷で、家電製品の損害が増えてきています。

家財にも保険をかけておかなければ、なりません。住宅総合保険にオプションである家財保険に加入していないと、効力がないのです。

オプションの分高くなりますが、しょうがないです。

また、自宅建物の中で、ある家財道具に損害があった場合に補償されるものゆえ、建物の外に止めているバイクなどには、補償されない場合もあります。

水周りが損れて壁や床にダメージがあった場合には、建物の火災保険がカバーしています。

火災保険は、名前からして、火事だけの保険かと言う印象を受けます。

が、契約内容には、それだけではなくって、落雷・台風・雪・車の衝突・盗難に対する保障が、付いている契約もあるのです。

例えば、風呂の水の入れすぎで漏れた水が、周囲にダメージを与えても、家財に関するオプションに加入していないと、保険金は下りないのです。

気をつけてください。水周りに対する補償というのは、水漏れ損害だけに補償されます。浴室の設備や水道管の修理は、保険が下りません。


10万7417人のFX投資家と7万8774人の株投資家が待ち望んでいた2011投資パラダイムシフト大予言無料レポート最新投資手法レポート

■損害保険投資の本来のデメリットとは?


なぜあの人はビジネスを成長させながら 同時に投資でも成功できるのか?


損害保険投資には、保険のデメリットは、投資的な意味では、きわめて少ないです。

今まで、積み立てていた分が、どうこうなる。

などという、ニュアンスはまったくありません。

あえてデメリットと言うならば、毎年の支払わなければならない保険料が、思ったより高額となる点です。

一生無いかもしれないリスクに払い続けるには、少しお高いと、誰もが思う金額です。

さらに、どんなアクシデントが起こってもいいように、オプションでも付ければ、余計高くなってしまいます。

保険会社側の要因では、予想以上に、保険会社の損害部門の成績が悪い場合には、その他の保険商品と比較して、コストが割り高になる点です。

最近の異常気象による被害で、保険金の支払いが増えているので、ありえる話です。

また、地震も相次ぎ、新規加入・保険金支払いが多くなってきています。

どんな保険でもそうですが、保険商品を購入ゆえに、保険に入らずにリスクに対するフォローを引き受ける、すなわち、マイ保険に比べると、一旦保険を契約すれば、それに対するコスト負担があります。

損害が生じなければ、保険の意味は生じませんから。

そこらあたりが、満期とかがある、生命保険とは、違います。

ですから。損害が生じた場合の保障で享受できるであろう、メリットと、契約に費やすコストとを、天秤にかけて、考えなければなりません。

とりわけ、保険がカバーする保障が、大規模になってしまう場合、保険料も当然お高くつきます。

それと同じ額を、運用したほうが、お金が増えて、徳だ、という考えもあります。

デイトレーディングなどで運用するのが得意な人なら、なおさらそうです。

で、最近の不景気で、問題になっているのは、長期契約の場合ですね。

単年度契約よりは、保険会社の倒産という、リスクがあります。

そうなると、保険金が下りてきません。

払い込んだ保険料が無駄になる場合があります。

しかし、普通に住宅総合保険・火災保険を使用するデメリットは、ないです。

例えば、家に当て逃げされ、壁が壊れた場合。火災保険は、たいてい外部からの要因での住宅の破損も、フォローしてくれます。

車の保険の場合、保険を使うと、等級が下がって、保険料が高くなってデメリットになります。

それとは違い、火災保険は、保険を使うごとに保険料が割高には、ならないのです。

デメリットどころか、保険会社によっては臨時費用分で3割余分に下りる場合もあります。

使ってはじめて、お金を払い込んで保険をかけてきたメリットがあります。


日本が財政破綻したときあなたの大切な資産は守られていますか?

結婚