■生命保険投資とは?

[image]お金持ちの投資法、なぜ、日本の投資信託の現状、限定ビデオ完全無料公開中

生命保険とは、死亡や,による損失を保障する保険です。

契約により、保険金の受取人が指定されます。

通常、生命表という統計から死亡率を割り出し、年齢が行くほど保険料は、高くなります。

また、同じ生命保険会社で、身体だけでなくて、貯蓄・老後の保障のために、財形貯蓄積立保険や個人年金保険などにも、加入が可能です。

生命保険の種類には、大きく分けて3つあります。

1つ目は、死亡保険です。保険に加入して、保険料を払っている期間の間に、被保険者が死亡した場合に限定して、保険金が支払われるものです。

2つ目は、生存保険です。被保険者が満期時に生存していれば、保険金が支払われます。

生存保険の代表的なものに、終身年金があります。

年金支払開始から1年後に生存していれば1回目の年金、2年後に生存していれば2回目の年金という感じに、複数の生存保険が合わさったものです。

3つ目は、生死混合保険です。死亡保険と生存保険を重ね合わせたもの。被保険者が死亡したときには死亡保険金、満期時に生存している場合には生存保険金が支払われます。

代表的なものは、養老保険です。特徴は、死亡保険と生存保険が、ちょうど1対1の割合になるというもの。保険料を払っている期間中に死亡してしまった場合と、満期時に生存している場合に、まったく同額の保険金が支払われます。

また、養老保険の保険期間を生命表の生存者が0になった年齢に伸ばしたものが、今流行の終身保険です。

生存者が0になった年齢?行方不明高齢者がニュースになっていますが、それらより低くて、105歳あたりが満期なのだそうです。

いま、いろんな保険商品が、かまびすしく宣伝されていますが、ほとんどは、この保険種類を組み合わせた、3つ目の生死混合保険です。

保険で気になるのは、危険選択です。

生命保険では、生命保険会社のストックを守るために、リスクのある被保険者集団を決めておく必要があります。

会社員が一番安くて、ある種の職種が高いとか、言われます。それです。

さらに、持病がある人が、入るのは困難な場合もあります。

それを逆手にとって、病気の出ない若いうちに、保険に入っておけ、とか言う話も聞きます。

しかし、今は、持病があっても、ある条件を満たせば、入られる保険も出てきました。

また、不当に保険金を得ようとする保険金詐欺が、ありますね。ですので、保険金支払時に厳密な査定を行っています。

また、解約返戻金は、保険期間中に、何らかの理由で保険契約を解約する場合に、その保険料が一部、契約者に返還されるものです。


151,603人以上の個人投資家がチェックした無料テクニカル動画セミナー

■生命保険投資の本来のメリットとは?

野川徹のオンライントレードスクール 無料“動画講座”会員受付中!

生命保険のメリットは、保険金受け取りの権利が一生続く点です。

保険をかけてきた被保険者が亡くなったり、高度の障害になった場合、指定した受取人に保険金が下ります。

そして、受取人の権利は、被保険者が亡くなるまであります。

契約を続ける限り必ず、契約した保険金額を受け取ることが出来ます。

例えば、30歳で契約して、60歳で解約すると、30歳の時に契約した解約払い戻し金を受け取れます。

十数年前、保険会社が倒産したりしていました。

それは、この解約返戻金の支払いや、保険金の支払いが、大きな負担(業界用語で逆ザヤ)になってしまったからです。

なぜ負担になるのかと言うと、バブル時には、現在のような景気低迷・低金利で、徴収した保険料の運用がうまくいかない事態が、予想されなかったからです。

こうした定額終身保険ではなくて、変額終身保険・利率変動終身保険・積立利率変動終身保険などは、解約返戻金や保険金額が保険会社の運用によって増減します。

景気による影響を契約者が負担してくれるので、保険料は安いです。

マイナーな存在なので、あまり知られていませんが、この違いは大きいです。

定額は運用によるリスクを保険会社が引き受け、変額は契約者が引き受けるのです。

生命保険は、契約時の料金が変わりません。

例外的に、ステップ払いという、保険期間払込の途中で保険料が上がる契約もあります。

ステップ払いと記載されています。ただ、保険の説明書は、こうした但し書きが見えにくい字で書かれているので、きわめて厄介です。

定額終身保険では、老後の資金作りができます。

60歳で払い込み終わる契約で、65歳で解約した場合。

長らく支払ってきた保険料をまだ使っていないので、保険会社はこれから要るであろう保険料を返還してくれます。

これが生命保険特有の解約返戻金となります。とりわけ、終身保険で短期払いにできた場合は、保険料を払い終わった後、おおよそ5年くらいで、解約して得られる返戻金は、それまで支払った保険料より高くなります。

それじゃ、生命保険会社が損なので、業界の回し者と思しきファイナンシャルプランナーは、終身保険は、インフレで貯めた支払い金が無駄になる。

だから、資産形成とはならない、終身保険を死亡保障にとしか有効でないと言います。

とりわけ、主婦雑誌の家計相談において、保険料負担のみをあげつらい、解約させるケースが非常に多く、注意を要します。

記事の通りすると、せっかく支払ってきた保険料を、捨てるようなもの。

不動産などの資産形成にない旨み、積立期間に、死亡保障がついている貯蓄の一種なのです。


10万7417人のFX投資家と7万8774人の株投資家が待ち望んでいた2011投資パラダイムシフト大予言無料レポート最新投資手法レポート

■生命保険投資の本来のデメリットとは?


なぜあの人はビジネスを成長させながら 同時に投資でも成功できるのか?


変額終身保険・利率変動終身保険・積立利率変動終身保険など、いわゆる掛け捨て保険のメリットは、なんといっても、終身保険に比べて月々の保険料が安い点です。

加えて、保障期間を選べるゆえ、人生の計画が変われば保険もそれに合わせて、仕切り直ししやすいです。

しかし、この種の生命保険のデメリットは、契約期間満了時に満期保険金・解約返戻金が、一切戻って来ない点です。

それゆえ、昭和の頃は、損だと思う人が多かったです。が、平成に入って、景気悪化によるあらゆる金利の低下で、保険は保険、貯蓄は貯蓄、と割り切るケースが増えてきています。

そんな場合、安い保険料で掛け捨ての定期保険に入ったりします。

一方、終身保険のメリットは、死亡・重度の場合、保険金が一生降りる点。

保険料を払い込み終了後も、解約しない限りは、保険金が降りるのです。

解約した場合であっても、解約返戻金が戻ってきて、老後の資金になり得ます。

そのため、貯金の意味合いも出てきます。

そんな終身保険のデメリットは保険料が高くつく点。さらに、この保険金が降りるのは、遺族に対してで、契約者には旨みがありません。

死亡時のお金を、一生涯保障してもらう場合には、保険料はずっと返ってきません。

そういうのが、気になるならば、養老保険でしょう。

養老保険の場合ですと、損がありません。保険を払っている間に死亡しても、満期まで生きて保険金を払い続けても、同じ金額が降りてきます。

加えて、税金が安くなります。

一時所得扱いで、満期保険金から保険料累計額を差し引いた額が50万円までならば、非課税なのです。

ただ、掛け捨ての定期保険や普通の終身保険などより、高い保険料です。

なので、満期まで生きている場合ですと、貯金していたのと、変わらなくなります。

利回りが低くかったバブル崩壊直後までは、年金保険や養老保険など、貯蓄性を帯びた保険商品の利回りが、普通の預貯金などの利回りなどより、十分に大きく、保障プラス貯蓄の意味で保険に入る意義もありました。が、近年は保険料が値上がりし、年金保険の利回りは、多く見積もっても年1〜2%です。

ずいぶん先、ウン十年先に使うであろうお金を、低金利のものに預けても、しょうがないでしょう。現地点でもそうですが、インフレは、今後もっとひどくなるかもしれません。

また、年金保険の中には、保険料が出ない場合もあるので、注意しないといけません。

保険料の支払いキツくなったら、解約あるいは一部解約しないといけない事態も生じるでしょう。

途中解約は、払った保険料より解約返戻金が少なく、利回りが低いです。


日本が財政破綻したときあなたの大切な資産は守られていますか?

結婚